筋力が低下すると...

近頃、『ロコモティブシンドローム』や『サルコペニア』等の話題も増え、筋力をつけることが重要視されています💪🏼

ロコモティブシンドローム症候群とは、運動器の障害により、歩行や立位の保持などの、移動機能が低下。進行すると、寝たきりや、介護状態になるリスクが高い状態。

サルコペニアとは、筋肉量が低下し、筋力または身体能力が低下した状態。

実は、筋肉の衰えは20代から始まります💪🏼💦

近年は、生活環境の影響もあり、若者の筋肉枯れも問題になっています❗若い女性も他人事ではありません。

筋力が衰えれば、下記のような症状もでてきます。

・血流が悪くなり、内臓機能が低下

・代謝の低下

・ホルモン分泌の減少

筋力が弱ってくると骨格を支えきれなくなり、色々な体の不調を起こしやすくなります😣💥

ですが筋肉は、使えば使うほど貯筋できるのです💪🏼💪🏼💪🏼

今から心がけ、老後も自分の足で歩ける健康な体作りをしていきましょう🏋🏾✨

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP