背中にお肉がつく原因

気付くといつの間にかついている背中の無駄な脂肪💦

背中のお肉がついていると+10歳~20歳老けて見えるそうです😱そこで、今日は背中の脂肪について🤗

原因は、大きく分けると2つのタイプに分かれます。

★加齢によるもの                                                               背中にたるみがでたり、無駄な脂肪がついてしまうのは、背中の筋肉が年齢を重ねるごとに衰えていくことが一つあげられます。                                  加齢が原因と言っても、誰もが背中にたるみや無駄な脂肪があるわけではなく、常日頃からスポーツやエクササイズなどで背筋を使って鍛えている人や背中を使うような動作を仕事としている人などは、歳を取ってもキレイな背中をしています。

★猫背によるもの                                                                猫背の場合、背中の血行が悪くなり背中の筋肉が滞ってきます。                                           デスクワークやパソコンの画面を見る姿勢を長時間続けているのも同じことです。血行が良くないと、脂肪が燃えにくくなり、老廃物と絡み合って脂肪やセルライトとして蓄積されやすくなってしまいます。                                                  姿勢が悪いとよく言われたり、歩くときに首が前に出ていたり、デスクワークやパソコンの画面を長時間見る方、肩凝りがひどい、普段からエクササイズをしていない等、当てはまる方は、猫背が原因の可能性あり!です💦

背中の筋肉を使わない生活は、背中に無駄な脂肪がつきやすくなります。

特に、猫背の人は姿勢が悪いと背中が歪む上に筋肉を使わなくなり、代わりに脂肪が増えていってしまいます。

ハイヒール等を履いてひざが曲がった状態で歩いていると、お尻や腰の筋肉、そして背中の筋肉も硬くなり脚が広がってО脚になります。

О脚になるとお尻や腰の筋肉、そして背中の筋肉も硬くなり代謝が落ちます。

そんな話を聞くと怖くなりますが😅改善していけば良いのです💖

Le lienの、美容整骨で身体の歪みを整えてからAntiGravityFitnessで楽しく鍛えましょう✨💪🏼

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP